ケーススタディ-土地活用や資産運用、空室対策なんでもご相談ください。東京,横浜,川崎の不動産の有効活用は加瀬の不動産ソリューション

ホーム > ケーススタディ

土地活用や空室対策のケーススタディ

土地活用や空室対策のケーススタディご紹介

遊休地・空室物件の有効活用。
最近良く聞く言葉になってきました。実際、書物やホームページもたくさんあります。
でも、本当に自分にあったものはどれだろうかと考えるとわからなくなってしまうでしょう。
そこで、加瀬倉庫の不動産プロフェッショナルにおまかせください。
ケーススタディでは、不動産によって異なる問題をどのように活用していけばよいかを具体的にご提案していきます。

遊休地の有効活用

利用法のわからない遊休地、空きの多い駐車場、建物を建てられない土地をお持ちでお悩みのオーナー様へ。

遊休地の有効活用

倉庫の有効活用

老朽化した倉庫、立地の悪い倉庫、テナントのつかない倉庫をお持ちでお悩みのオーナー様へ。

倉庫の有効活用

ビルの空室対策

空室が続いているビル、テナントのつかないビル等をお持ちでお悩みのオーナー様へ。

ビルの空室対策

マンションの空室対策

空室が続いている、入居者の管理が大変、マンションの維持管理が困難等でお悩みのオーナー様へ。

マンションの空室対策

マンション・住宅物件の再生

老朽化したマンションや住宅等の物件の活用方法でお悩みのオーナー様へ。

マンション・住宅物件の再生
COPYLIGHTS (C) KASE GROUP ALL RIGHTS RESERVED